心原性脳塞栓症

心原性脳塞栓症

心原性脳塞栓症とは、心臓の中でできた血栓が首の左右に位置する頸動脈を通って、脳の太い動脈に詰まってしまうことで起こる脳梗塞です。

 

原因として一番多いのが「心房細動」です。心房細動は不整脈の一種で、これにより不整脈が起こり、血流が悪くなるので血液が心臓の中でよどみ、そして血液が固まって血栓ができやすくなります。

 

心臓の中で発生する血栓は大きいので、脳の血管まで流れると脳の太い血管に詰まってしまう為、梗塞して影響を受ける脳細胞の範囲が広くなってしまいます。

 

また、突然に発作が起こり、症状の強く現れるという特徴もあります。さらに、詰まっていた血栓が壊れて脳の動脈に血流が戻ると、梗塞した部分に出血して「出血性脳梗塞」になってしまう場合もあります。

 

心原性脳梗塞症は「心臓弁膜症」により、心臓に人工弁が入っている人にも起こることがあります。

 

心原性脳梗塞症の症状は、ほとんどの場合、日中の活動時に突然手足の麻痺・感覚障害・意識障害などが起こります。その他の症状には、半身麻痺、失語、失行(しつこう:目的に合った動作や行動が的確にできない状態)、失認(しつにん:視覚や聴覚の障害がないのに、見たり聞いたり触ったりしても対象を認知できない状態)、半盲(はんもう:視野の半分しか見えなくなる状態)、共同偏視(きょうどうへんし:両目が左右のどちらかに向いたままになる状態)などがあります。