アテローム血栓性脳梗塞

アテローム血栓性脳梗塞

アテローム硬化とは、粥状硬化(じゅくじょうこうか)とも呼ばれ、血液の中で悪玉コレステロールが固まっている状態です。

 

これらは、動脈硬化を進行させたり、悪玉コレステロールを必要以上に増やしてしまう危険があります。

 

アテローム血栓性脳梗塞首から脳に通じている頸動脈や脳の比較的太い動脈の硬化(アテローム硬化)が原因となって起きる脳梗塞です。

 

アテローム血栓性脳梗塞は大きく3つに分類できる

この脳梗塞は大きく3つに分類できます。

 

寒栓性

アテローム効果によって狭くなった血管では、その部分の壁が壊れやすくなります。そして、壊れた血管の壁には血栓ができます。

 

この血栓がはがれ、血液によって運ばれてその先にある血管を詰まらせてしまい、結果脳梗塞が生じます。

 

血栓性

アテローム硬化の進行により、血管の壁が壊れ、そこで作られた血栓が大きくなり、そのまま血管を詰まらせてしまう脳梗塞が起こります。

 

血行力学性

アテローム硬化により、血管が閉塞もしくは閉塞に近い状態になると、脱水や血圧低下が起こり、血液の流れが極端に悪くなってしまうことがあります。

 

この結果、血流不足が生じ、脳に充分な栄養や酸素が運ばれず、脳の組織が破壊されて、脳梗塞が発症します。

 

 

アテローム血栓性脳梗塞は、睡眠中から起床時に発生しやすいの特徴です。寝ている間は脱水傾向になりやすく血圧も低下しやすい状態になります。その結果、脳の血流量が減り、血栓が血管内に詰まりやすくなり、最悪アテローム血栓性脳梗塞を発症します。

 

症状は、太い動脈のアテローム硬化により生じる場合が多いので、症状が重くなる場合があります。