脳梗塞にはどんな種類がある?

脳梗塞の種類

脳梗塞の種類としては次の3つのタイプがあげられます。

 

脳梗塞の種類記事一覧

アテローム血栓性脳梗塞について

アテローム硬化とは、粥状硬化(じゅくじょうこうか)とも呼ばれ、血液の中で悪玉コレステロールが固まっている状態です。これらは、動脈硬化を進行させたり、悪玉コレステロールを必要以上に増やしてしまう危険があります。アテローム血栓性脳梗塞は首から脳に通じている頸動脈や脳の比較的太い動脈の硬化(アテローム硬化...

≫続きを読む

ラクナ梗塞について

ラクナ梗とは細い血管(動脈)が詰まってしまうことで起きる小さな脳梗塞のことです。脳の細い動脈に直径1.5cm未満の小さな梗塞がおきた状態をラクナ梗塞といいます。ラクナ梗塞の原因は「高血圧」により細い動脈に発生する動脈硬化が最大の要因です。動脈硬化が起こると血管の血液が通る部分が狭くなってしまい血流が...

≫続きを読む

心原性脳塞栓症について

心原性脳塞栓症とは、心臓の中でできた血栓が首の左右に位置する頸動脈を通って、脳の太い動脈に詰まってしまうことで起こる脳梗塞です。原因として一番多いのが「心房細動」です。心房細動は不整脈の一種で、これにより不整脈が起こり、血流が悪くなるので血液が心臓の中でよどみ、そして血液が固まって血栓ができやすくな...

≫続きを読む